■や行
やくざ忠臣蔵【やくざちゅうしんぐら】

 関八州取締役の接待を引き受けた浅野は、袖の下(賄賂)がなかったことが不満の接待指導・吉良に数々の嫌がらせを受け、堪忍袋の緒を斬らせて斬りかかってしまう。その罪により、お上に縄張りを没収され、一家はバラバラ。生き別れの父を捜す旅に出ている代貸の蔵三に後を託して、浅野は命を絶つ。親分の無念を晴らそうと、吉良邸に乗り込む蔵三だが、斬り合いのさなか、吉良の腕にあるアザに気づく。それは捜し続けていた父の証であった。
 あまりにも有名な物語である「忠臣蔵」の登場人物を渡世者に置き換え、親子の情愛を加えたもの。もちろん、本家「忠臣蔵」もよく上演される。


弥太郎笠【やたろうがさ】

 旅鴉・りゃんこの弥太郎は貸元・虎太郎のもとにわらじを脱ぎ、娘のお雪に心をひかれる。虎太郎には料亭桔梗屋を営むお牧という囲い女があり、近く彼女を後妻に迎えようとしていた。ところがこのお牧が悪貸元・お神楽の大八といんぎんを通じている(密通している)のを知った弥太郎は、お雪の身の上を心配する。あての知れない旅に出る前に、弥太郎は八州見まわり役・桑山盛助にお雪のことを頼む。元をただせば旗本の御曹子である弥太郎は、桑山と幼ななじみだったのである。桑山盛助は親分衆の集った席でお牧と大八の関係を暴いたが、大八は卑怯にも虎太郎を闇打ちにして殺してしまう。そうなると一人去り二人去り、一家の者はお雪の家を離れ、大八がたについてしまった。
 旅の途中、弥太郎は吉太郎といういかさまバクチ師と知りあい、その気性にひかれて仲よくなった。だが乾分など持つことのきらいな弥太郎は、彼と別れてまた一人旅に出た。折も折、弥太郎は、今は一人お雪を守って虎太郎の縄張りを管理している玉蔵に会い、虎太郎一家の現在のありさまをつぶさに聞き、飛ぶようにしてお雪のもとにかけつけた。弥太郎の力で、失われた虎太郎なきあとの一家の勢力は、だんだんと回復していった。これを見た大八は弥太郎を目の仇にし始めた。お祭りの夜、大八は踊りのにぎわいを利用して弥太郎を殺そうとした。それは一年前、虎太郎を殺したのと同じやりかたであった。あやうく虎太郎と同じ運命になりかけた弥太郎を間一髪のところで救ったのは、偶然大八の家にわらじを脱いでいた吉太郎だった。あとは、旗本直参くずれりゃんこの弥太郎の長脇差が、造作もなく大八の首を血祭りにあげてしまった。上州松井宿にはまた平和な日々がやってきた。
 片岡千恵蔵、中村錦之助、市川雷蔵などで何度も映画化された時代小説の大家・子母沢寛の傑作。

Copyright (C) 2007 演劇ネット Website. All rights reserved.